公式HP◆もみじ探偵社は福岡を始め九州各県で調査実績を持つ西日本最大手の探偵事務所・興信所。浮気調査から人探しまであらゆる調査を請負う総合探偵社です。
ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

探偵は見た◆イクメン夫がまさかの浮気?!浮気相手と離婚を画策していると知り、妻は、浮気調査を決意」 夫はイクメン!絵に描いたような幸せな家庭

2017年11月21日

先日、相談に来られたカンナ(仮名)さんは、2歳年上の旦那さんと7年前に結婚した34歳。子供さんも5年前に生まれ、家族3人仲良く暮らしていたのです。旦那さんのお仕事は、イレギュラーがない限り、定時で終わるために、カンナさんたちは、家族揃って夕食を食べるというのが家族のルールだったのです。旦那さんは、子育てにも積極的で、カンナさんが少しでも楽になるように・・・と、子供さんのお風呂だったり、寝かしつけなどをしてくれ、そんな姿に、カンナさんは、「この人と本当に結婚できて幸せ!」と思っていたのだそうです。

いきなりの週に2回の残業・・・怪しいと思い、浮気調査を探偵に依頼

突然増えた旦那の残業に不安(イメージ)

そんなときのこと。旦那さんが今までは定時で終わって帰ってきていたのに、あるときから残業があるという理由で週に2回程度、10時過ぎて帰ってくるようになったそうです。結婚して7年。同じ会社で働いているのに、残業などほとんどなかった旦那さん。ですが、ここ数ヶ月は、週に2回程度、残業があり、帰宅時間が遅くなっていることに、カンナさんは、本当に残業なのかな?と思い始めたのです。

そこで、旦那さんに、「本当に残業なんだよね?」と思い切って聞いたのだそうです。そうすると、旦那さんは、「当たり前だろ!残業代は出てないけど、出ないといけなんだ!」と。確かに、これだけ残業をしていても、お給料に反映せず、サービス残業状態・・・そんな状況に、どうしてもカンナさんは納得できていなかったのです。しかし、本当に残業をしているのだとしたら、一生懸命仕事をしている旦那さんに、「本当なの?」と何度も何度も聞くと言うことは出来なかったのです。

旦那のスマホにショックな事実(イメージ)

それでも、もしかしたら、残業じゃなくて、違う理由で遅いのではないか?という思いは拭えなかったのです。そこで、直接旦那さんに聞くことは出来なかったので、とりあえず、携帯を見ることが出来たら、何か分かるのではないか?と思い、旦那さんの携帯を見てみることに・・・。そうすると、カンナさんの予期せぬことが・・・。それは、旦那さんがある女性と頻繁にやりとりをしていたこと。

通話履歴にもその女性の名前があり、LINEにもその女性とのやりとりがあり、カンナさんは、「もしかして、この女性と浮気でもしているのではないか?」と思ったのだそうです。LINEのやりとりには、「早く会いたい」や「今日は会えて嬉しかった」といった親密な関係を物語るやりとりがあったのです。そのなかに、「奥さんとはまだ別れないの?」という文章を見つけたカンナさんは、「そんな話にまでなっているんだ・・・」と思い、浮気を確信したのだそうです。

そして、「このままだと離婚することになってしまう・・・」と思ったカンナさん。もし、離婚となった場合、自分に有利になるようにと、カンナさんは思い、決定的証拠を掴みたいと思ったのだそうです。そこで、思いついたのが探偵だったそうで、カンナさんは、探偵に相談に来られたのでした。初めは、「本当に、決定的な証拠が取れるのか?」「料金はすごくかかるのかな?」と不安のあったカンナさんでしたが、説明をしっかりとさせて頂いたら、納得をされ、浮気調査を依頼されたのでした。

浮気確定の夫に、妻は、離婚を宣告!

後日、結果を聞きに来られたカンナさん。

調査のおかげでしっかり慰謝料(イメージ)

「旦那さんは、ある女性と親密な関係でした。残業だと言って帰宅が遅くなっていた日は、女性の自宅に行かれて4時間程度過ごしているようです。」と結果報告書と共に、女性宅に出入りする旦那さんの写った写真をカンナさんにお渡しすると、「やっぱり、浮気だったんですね・・・もう一つの家庭があるみたいですね・・・」と。

後日、どうなったのかを伺うと、「結果報告書と写真を旦那に見せたら、浮気を認め、土下座して謝罪してくれましたけど、相手の女性も含めた話し合いで、女性から離婚をするという約束をしているというのを聞いて、許せなくなったので、慰謝料をもらって離婚することにしました。今回、しっかり証拠があったから慰謝料をしっかりもらったので、探偵に調査をお願いしてよかったと思ってます。」と。

浮気をしているのでは?悩んだときには、探偵に相談を

もし、旦那さんが浮気相手との話の中で、「離婚の約束をしていた」とします。そうすると、奥さんは、浮気に気付かないうちに、離婚をしたいと旦那さんから告げられる・・・ということがあるかもしれません。しかし、もし、奥さんが浮気に気付き、浮気の証拠を掴んでいたとしたら、旦那さんは不貞をしているということになり、有責配偶者となり、旦那さんからの離婚請求は認められないのです。すなわち、浮気をしている側からの離婚は認められないということなのです。

なので、今回のケースのように、旦那さんと浮気相手が離婚を望んでいると分かり、決定的証拠を掴んでいた場合、相手から離婚請求されても、浮気をされていた側が離婚する気がなければ、離婚は認められなくなるのです。その他、別居期間等の関係で離婚が成立する場合もありますが、もし、相手が浮気をしていて、離婚を望んでいると言うことが分かった場合には、離婚請求された場合に、自分に有利に話し合いが出来るようにと決定的証拠を掴んでおくのはとても大切なことです。

もし、浮気をされているのではないか?と思ったときには、1度、探偵に相談をされてみてはいかがでしょうか?

まずは無料電話相談 “専門”のスタッフが親身になってご相談に応じます。0120-88-388無料相談電話24時間365日受付

福岡探偵Columnの最新記事

もみじ探偵社
会社名:株式会社もみじ探偵社
本社所在地:福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-11 第13泰平ビル9F

探偵業届出証明書番号
第90160020号(福岡県公安委員会)
探偵業届出開始証明書番号
第90070053号(福岡県公安委員会)
調査方法や探偵業に関する、ご興味のあるキーワードで検索してください。
実際に探偵調査をご依頼されたお客様の声
最新のページ

ラインでご相談LINEロゴ@qxi8754h

弊社は探偵業法に基づき、以下の調査・業務は行っておりません。

  • 出生地、出生に関する調査
  • 預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査
  • 盗聴、盗撮など違法行為による調査
  • 工作行為(別れさせ工作、退職に追い込む工作)