電話無料相談

調査料金

その他

尾行・追跡や張り込み調査について

浮気調査につきものの尾行・追跡や張り込みですが、最近ではマニュアルなどが出てきて自分でやるという方も増えているようです。
もちろん探偵社に払う費用は安くはありませんし、自分で尾行をして浮気の現場を押さえられたという人もいますが、正直あまりお勧めできるものではありません。

なぜなら自分で尾行したけど相手にバレてしまったので、代わりに尾行をしてほしいというご相談が増えているかです。
自分で尾行や張り込みを失敗した人が全員探偵社に頼むわけではないので、1回失敗して諦めてしまった人も数えると調査失敗した人は相当数に上ると思われます。

ではどうしてこんなに尾行・追跡や張り込みに失敗する人が後を絶たないのでしょうか?

簡単にいうと調査の難易度を見誤っているからです。
よくある浮気調査マニュアルでは車両の尾行について「100~300mの間隔をあけて車両を尾行」と書いてあります。
この方法自体はそんなに間違っているわけではありませんが、実際にこの通り尾行しようとするとまず間違いなく失敗します。
というか実際に「100~300mの間隔をあけて車両を尾行」することが訓練を受けていない素人には無理なのです。
いくら書いてあることが正しくてもそれを行う技術がなければ、実行できないのです。

尾行や張り込みは一見簡単そうにも思えるのですが、しかるべき訓練と経験を積んでいないとまず出来るものではありません。
どれだけ正しいノウハウやテクニックを知っていたとしても、実際にやれるかどうかということはまったくの別問題なのです。

結局、費用はある程度かかってもプロに任せるのが一番なのです。
まずはお見積りだけでも無料で確認してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

これらの問題でお悩みの方は、調査で問題を解決しましょう!
でも調査料金の適正価格を教えてくれる人はいますか?

  • 調査ご相談は24時間365日無料
  • 調査ご相談は24時間365日無料
  • 女性専用フリーダイヤル

メールでの無料相談は
こちらから