電話無料相談

調査料金

浮気調査

あなたはその浮気を許す?

何らかのきっかけで「旦那の浮気を発見してしまった」という場合、あなたはどうしますか?

許す・許さないという安直な言葉で言うなら、一般的に「許さない」が大半だと思います。
中には相手の浮気の理由を自分の落ち度としてとらえる人もいますが、パートナー女性が浮気をした場合であれば『女に浮気されるのは男としての魅力がないから…』という男性のように。付け加えれば、結婚後の夜の営みが全くなかった事を自分で思い返し、少なからずそのことも要因の一つではと反省する方もいるようです。
しかし、浮気というのは相手の一方的な身勝手な欲望が原因となって行われるものであり、浮気をされたパートナーは理不尽にも被害者ということになります。それを詭弁を持って責任を逃れ、あまつさえ人のせいにしてしまうような浮気者は、ただ単に浮気をする人よりもより一層たちが悪く、また悪質だと言えるのでは?

要するに、許す・許さないという選択以前の問題。
浮気を許す余地はまったくないと思います。

しかし「状況」による場合も当然ありますので、どこかで浮気の事実を互いに許容し、家庭を守った方がいいという結果のケースもあると思います。小さいお子さんをはじめとする子供のいる家庭の場合です。

自分の両親が傷つけあっている様子を間近で見るというのは、子供の精神面や教育にとって非常に重大な損傷を与える危険があります。環境というのは子供の育つ家庭において一番と言っていいほど大事なものです。そして何より、子供に罪はないのです。

浮気はとても許せることではないですが、子供の為に最低限の家庭環境を整えておくというのは大事なことです。だからといって無条件に許すことはしないで下さい。相手に浮気の罪をしっかり認めさせた上で『償いの道筋を示すこと』が必要なんです。その行程を相手が受け入れ、定めた一定期間償いをきちんと行い、そこで初めて「許し」を与えられる下地が出来ます。(あくまで下地という表現ですが)

お一人毎に違う状況が浮気問題にはあります。
あなたの抱えている浮気の悩み、まずは私どもにご相談下さい。
【無料相談窓口 0120-333-338 もみじ探偵社 福岡】

CONTACT

これらの問題でお悩みの方は、調査で問題を解決しましょう!
でも調査料金の適正価格を教えてくれる人はいますか?

  • 調査ご相談は24時間365日無料
  • 調査ご相談は24時間365日無料
  • 女性専用フリーダイヤル

メールでの無料相談は
こちらから