電話無料相談

調査料金

もみじ探偵社コラム

福岡で浮気調査を依頼するなら【もみじ探偵社】TOP / もみじ探偵社コラム / 浮気調査

【浮気調査を依頼したい】弁護士と探偵、どちらに相談すべきか迷っているあなたへ

パートナーが浮気をしているかもしれないと感じた時、事実をはっきりさせる為に浮気調査の依頼を考えるかと思います。浮気調査を依頼しようとした時、探偵と弁護士どちらに相談すべきかよくわからないという方はいませんか?探偵と弁護士では役割が異なるので、相談する目的も異なります。最初に相談するのはどちらがいいかお悩みの方へ、両者の違いと関係性をまとめたので、参考にしてくださいね。

 

浮気調査での役割

浮気調査や離婚問題などのトラブルに見舞われた時、心強い味方となるのが、探偵や弁護士です。探偵と弁護士はそれぞれ得意とする分野が異なります。まずは両者の立場の違いをご紹介します。

探偵は調査のプロ

探偵が担うのは、証拠の収集です。具体的には浮気調査や不貞行為の証拠収集、浮気相手やその家族の身元調査などを行い、裁判で利用できる報告書を作成します。

探偵は弁護士と違い資格を持っていないので、法律にまつわる行為は行えません。

法律は専門外ですが、調査に必要な技術の訓練を終え、公安委員会に認められた者が探偵事務所を開業しています。

弁護士は法律のプロ

司法試験に合格し、法的手続きを行えるのが弁護士です。具体的には、慰謝料の請求、離婚手続き、親権問題、示談交渉などです。弁護士自身情報を得ることはできますが、住民票や戸籍といったものに留まります。それ以上の具体的な証拠集め、尾行や張り込みなどは専門外なので、それらの調査は探偵に依頼します。そして集められた証拠を基に、依頼主に最適な方向へもっていくよう働きかけます。

連携することのメリット

探偵と弁護士は全く関係がないように思われるかもしれませんが、実は両者が連携していることが多いのです。探偵事務所が弁護士事務所と提携していたり、弁護士が探偵事務所を運営しているというところもあります。探偵と弁護士が連携して動くメリットをお伝えします。

弁護士を紹介できる

多くの探偵事務所では、弁護士紹介のサポートをしています。調査で集めた証拠を信頼できる弁護士へ提出し、その後の手続きをスムーズに行えるようにしています。

依頼主本人が別で弁護士を探し、再度一から説明をするという手間が省けます。

もし探偵が弁護士を紹介したとしても、紹介料を請求されることはありませんし、必ずその弁護士へ依頼しなければならないということはありませんのでご安心ください。

証拠が有意義に使われる

信頼できる弁護士へ証拠を提供することで、入手した数ある証拠が無駄にならず有意義に利用されるメリットがあります。

スムーズに話が進む

先に探偵と弁護士で詳しく話が出来ているので依頼がスムーズに進み、より依頼主にとって最適な結果が出やすくなります。

 

実は弁護士を探す時間が省け、話がスムーズに進むということは重要です。

不貞行為には時効があり、慰謝料を請求できる期間は3年までです。浮気・不倫の証拠や浮気相手の情報を得てからの期間なので、事実が分かっても長い間悩んで相談できなかったという方は、特に早く話を進める必要があるのです。

どちらに相談すべき?

では探偵と弁護士の違いと関係性が分かったところで、最初に相談すべきはどちらなのでしょうか?

まずは探偵へご相談ください

最初に相談するのは探偵である方が、スムーズに進みます。

もし、自分で浮気の証拠を集めたからと弁護士に相談しにいっても、その集めた証拠が法的な効力を持っているとは限りません。結局探偵へ調査を依頼してから改めて弁護士へ相談する、という二度手間になってしまう可能性が高いです。

もし、パートナーやその浮気相手が浮気の事実を認めているという場合は、直接弁護士に相談しても良いですが、そうでない場合は証拠能力が重要となるので、まずは探偵へご相談ください。

弁護士のご紹介も可能です

もみじ探偵社は調査中、調査後のアフターフォローとして弁護士のご紹介も行っております。被害者の支援を第一に考え、浮気・不倫、離婚問題などのトラブルを多数手がける心強い弁護士と連携をしております。

調査からその後のサポートまで万全に行いますので、安心して当探偵事務所にご相談ください。

福岡で浮気調査を依頼するなら【もみじ探偵社】TOP / もみじ探偵社コラム / 浮気調査

【探偵へ依頼】離婚を成立させるための条件と注意すべきこと

離婚を考えた時、裁判をしなければいけないとは考えますが、その時に必要なものはご存知ですか?例えば浮気や不倫が原因で離婚をしたい時、離婚を成立させるためには確固たる証拠が必要になります。離婚成立のために必要な条件、そして離婚をすると決めたあなたが注意すべきことをまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

離婚が認められる理由

離婚をしたいと考え、相手へ訴えたとき、離婚が成立するための条件があります。この条件は民法で定められたものであり、5つあります。

浮気・不倫をしている

この場合、相手が不貞行為があったことが、離婚成立のカギとなります。

不貞行為とは、結婚相手以外の異性と、自分の意志に基づいて肉体関係をもつことです。結婚相手が不貞行為を行ったと立証できれば、離婚が認められます。

悪意の遺棄

「悪意の遺棄」とは正当な理由なしに、夫婦の扶助義務を果たさず、夫婦関係を維持しないことを言います。例えば、パートナーを家に置き去りにして帰宅をしない、もしくは家から追い出す、パートナーとして扱わないという場合です。

3年以上の生死不明

3年以上配偶者の生死が分からない状態が現在まで続いている場合に、離婚が認められます。なお、生きているのが分かっているけれど、居場所がわからないという場合は含まれません。

配偶者が強度の精神病

配偶者が強度の精神病を患い、回復の見込みがない場合は離婚が認められます。しかしこの場合、精神病を患った配偶者は、療養費などの支援を受けられなくなってしまうため、裁判所の判断は非常に慎重になります。

その他婚姻生活を継続できない理由

夫婦関係が破綻し、回復する可能性が見込めない場合です。例えば、暴力・暴言がある、性格の不一致、親族の干渉・不和などがこれにあたります。

離婚を成立させるために

もし、相手が浮気・不倫をしている可能性がある場合、その証拠を集めなければ離婚が成立しません。その証拠とは、結婚相手が不貞行為を行ったという事実を証明できるものです。では、どういったものが有効な証拠となるのでしょう?

離婚に必要な証拠とは

不貞行為を証明できる証拠は以下の通りです。

LINE、メール

浮気相手と肉体関係があったとわかる内容であることが重要です。LINEやメールは証拠として押さえやすいですが、その画面のスクリーンショットは加工が可能であるという理由から、証拠として認められません。その画面を表示させ、別のスマホなどで撮影しましょう。

ブログ、SNS

ブログやSNSへの投稿やダイレクトメールで、浮気相手と映っている写真や、想いを綴った文章などは証拠として認められます。この場合、本人アカウントであることと、送信日時が分かっている必要があります。

写真、動画

  • 浮気相手の自宅、ホテルなどに出入りしているところ
  • 不貞行為中
  • 浮気相手と旅行している

こういった場面での写真や動画は強力な証拠となります。

男女が二人きりで同じ部屋に長時間居るとわかるものは、不貞行為があったとみなされます。

音声データ

不貞行為があったとわかるもの、不貞行為中のものも証拠とみなされます。

交通系ICカードやETCの履歴、クレジットカードの利用履歴

通勤の経路とは異なる場所を通っていると分かる履歴は証拠となりますが、継続して履歴が残っている場合です。

また、交通の履歴単独ではなく、同日にレストラン・ホテルなどでのクレジットカードの利用履歴を組み合わせる必要があります。

探偵事務所の報告書

探偵が提出する調査報告書は、最も有効で確実な証拠です。探偵が専門的な知識と技術で得た、客観的な証拠は合法的に得られたものであり、その調査報告書は裁判で利用することができます。

証拠が有効となるポイント

不貞行為が第三者にもわかること

先ほど挙げた写真や動画は、浮気や不倫をしている二人の顔が判別できる必要があります。

送信日時が分かっている

もし、浮気や離婚の事実が発覚しても、すでに夫婦関係が破綻していたと見なされれば離婚の請求がはできません。証拠とするLINEなどは、夫婦関係が破綻する以前のものであったと証明できるものでなければなりません。

証拠は複数あった方が良い

一つの証拠の効力が弱くても、複数の証拠を組み合わせれば不貞行為を立証できる可能性があります。

離婚をお考えの方へ

確実な証拠を得るためには、調査のプロである探偵へ依頼するのが一番です。しかし、いざ探偵へ依頼するとなると緊張もしますし、普段通りの行動ができなくなってしまうでしょう。ともすれば調査の結果に影響する可能性もあります。

依頼者が注意すべきこと

どうしても探偵へ依頼したことを意識して、普段通りの行動を取ることが難しくなりますが、普段と違う行動を取ることで、相手へ勘付かれてしまいます。特に以下のような行動は、要注意です。

  • 探偵事務所の名刺、契約書などをわかりやすい場所に保管する
  • 探偵事務所の名前を、そのまま携帯やスマホのアドレス帳に登録する
  • 探偵に依頼した後、自分でも勝手に調査をしてしまう
  • 調査対象のパートナーから情報を引き出そうと、無理に質問してしまう
  • 探偵へ依頼しているということを、身近な人へ打ち明ける
  • 調査対象のパートナーと共有で使っている口座から依頼料を支払う
  • 慰謝料が入ると思い、急に散財し始める

離婚の話を持ち掛けられた時

もし、証拠を得る前にパートナーから離婚を持ちかけられたら、必ず拒否をしましょう。

証拠がない状態で離婚の話が進んだ場合、後に不貞行為の証拠を提出しても、すでに夫婦関係が破綻していたと判断されてしまう可能性が高いです。

そうなると、自分自身が不利な立場になったり、慰謝料の減額に繋がったりする場合があります。

探偵へ提供した方が良い情報

探偵へ調査を依頼する場合、探偵へ提供すべき情報があります。

  • 調査対象となるパートナーの容姿がわかるもの
  • 普段パートナーが使用する車両のナンバー
  • パートナーの通勤経路などよく行動する場所
  • 浮気相手の情報

これらは調査を依頼する時に、探偵へ提供した方がスムーズに調査が進みます。

スムーズに調査が進めば調査費用も安く抑えることが可能になります。

浮気相手の情報は、確実なものでなくても問題ありません。たとえ間違った情報であったとしても、もみじ探偵社の探偵は教育を受けたプロであり、思い込みなどで調査を行いませんので、間違った結果へ繋がることはございません。ご安心して調査にご協力ください。

 

福岡で浮気調査を依頼するなら【もみじ探偵社】TOP / もみじ探偵社コラム / 浮気調査

浮気と不倫の違いは!?探偵依頼で確実な証拠を得る方法

夫が不倫をしている・・・?そんな予感がした時、どうしても事実を確認したくなりますよね。しかし、個人で調べようとしても限界があります。まずは探偵に調査を頼んでみてはいかがでしょうか?もし不倫が本当であり、離婚へと話が進んだ場合、確実な証拠が必要となります。今回は、不倫と浮気の違い、不倫が発覚した場合に必要なことなど、不倫にまつわる知識を解説していきます。

 

浮気と不倫の違い

まず、浮気と不倫の違いとはなんでしょう?この二つの言葉はよく似ており混同されがちですが、意味合いが異なります。浮気と不倫にはそれぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

一時的か、関係が続くか

浮気はよく「魔が差した」と言うことが多いですが、関係が一時的なもので、いずれその関係は消えていくパターンが多いです。また関係も浅く、元のパートナーへ戻るということをわかった上で関係をもつというのも浮気の特徴です。

一方不倫は、深く長く関係が続くことが多く、家庭が壊れる危険性をも秘めているのが不倫です。

配偶者がいるかいないか

不倫と浮気の大きな違いは、配偶者がいる人かどうかということです。配偶者がいる場合を不倫と呼び、後に離婚へと発展するケースが多いです。

浮気は配偶者の有無は関係なく呼ぶことが多いようです。

不倫は裁判沙汰になることも

配偶者がいる人がやってしまう不倫は、家庭環境が壊れ裁判沙汰になることが多くあります。そして、離婚まで話が進んだ場合、証拠が揃っていると多額の慰謝料を請求される可能性があります。

不倫で慰謝料を請求したい

相手の不倫が発覚し裁判となった場合、慰謝料を請求することができます。不倫での慰謝料は50~300万円が相場です。もし、必要な手順を踏まなければ損をしてしまう場合があります。それでは、慰謝料請求について解説していきます。

慰謝料を請求するには

不倫をした相手へ慰謝料を請求するには、不倫の証拠を提示することでその額は大きく増額されます。逆に、不倫の確固たる証拠がない場合は慰謝料支払いの義務が発生しません。

配偶者へ慰謝料が請求できるケースは、次の通りです。

  • 肉体関係(不貞行為)を何度も持った
  • 不倫によって夫婦の関係が破綻した
  • 相手の不倫によって精神的苦痛を受けた

また配偶者と不倫をした相手へ慰謝料が請求できるケースは、次の通りです。

  • 結婚している事実を知っているにも関わらず不倫をした
  • 自らの意思で不倫をした

 

慰謝料が請求できないケースは、次の通りです。

  • すでに夫婦関係が破綻している
  • 不倫相手は既婚者であることを知らなかった場合
  • 不倫発覚から3年経過し、時効を迎えた。

必要な証拠とは?

慰謝料請求に有効となる証拠と、効力の無い証拠があります。

有効となる証拠は「不貞行為があったと証明できるもの」です。

例えば、

  • 不倫相手とホテル等へ出入りしている写真・動画
  • 不倫相手の家へ出入りしている写真・動画
  • 不貞行為中の写真・動画

大人の男女が部屋に二人きりで滞在していれば、不貞行為があったと見なされます。

そしていずれの証拠も、二人の顔が判別できるものでなければなりません。

確実に証拠を手に入れるには

まずは専門家である探偵へ依頼しましょう。

探偵が入手する証拠は合法的なもので、強力な証拠となります。そして、探偵から提出される報告書は信頼性と客観性をもったもので、裁判に利用でき相手へ主張が通りやすくなります。

確実に不倫の事実を掴みたい、不倫発覚後に離婚を考えているという方は、専門家である探偵へ依頼することをおすすめします。

不倫かも?と悩んでいる方は

調査はプロへお任せ

確実な証拠を個人の調査で手に入れるには、ハードルが高く相手にバレる可能性もあります。せっかく苦労して証拠入手したと思っても、それが本当に効力のある証拠かどうかの判断がつきません。もし個人で調査をした場合、裁判で違法に入手したと見なされれば証拠として認められないばかりか、自分が訴えられる可能性もあります。

自分が不利にならない為にも、合法に証拠を得ることができる調査のプロへ依頼する方が良いでしょう。

不倫調査はもみじ探偵社へ

結婚相手が不倫をしているかもしれないと思った時、不安に襲われ、離婚も頭に過るかと思います。不倫調査とは、不倫が発覚した時の証拠の提供はもちろんですが、離婚をしたくない方の為に事実を明らかにし、冷静に話し合いをしてもらう為の調査でもあります。

当探偵事務所は、アフターフォローも充実しており、調査後に信頼できる弁護士をご紹介することも可能です。

24時間365日、無料で相談を受け付けており、女性専用のフリーダイヤルもございます。一人で悩まず、まずはもみじ探偵社へご相談ください。

福岡で浮気調査を依頼するなら【もみじ探偵社】TOP / もみじ探偵社コラム / 浮気調査

【浮気調査】各調査プランの費用相場とメリット・デメリットとは?

探偵に浮気調査を依頼する上でどうしても気になるのが「費用」ですよね。

1件の浮気調査で40万~60万くらいの費用が必要とされていますが、調査プランによって費用の相場が異なります。そのため調査費用の計算が難しくなってしまい、悪徳探偵に高額請求されてしまう事例があるのが現状です。損をしないためにも各プランの費用相場を事前に調べておくことが重要となります。

 

浮気調査の費用相場

浮気調査は主に「時間制」「成功報酬型」「パック制」の3つのプランが存在します。各調査プランの費用相場と計算方法について見ていきましょう。

 

時間制の費用相場

1時間の調査料金が固定されているのが時間制調査プランです。

時間制による浮気調査の費用相場は、1時間あたり約5,000円~15,000円(調査員1人あたり)となり、交通費などの経費が数千円程度追加されることがあります。

 

時間制調査プランの計算方法は、

「1時間あたりの費用×調査員人数×調査時間(+経費)」となります。

 

1時間あたり10,000円として計算すると

「10,000円×調査員1名×8時間=80,000円」

「10,000円×調査員3名×5時間=150,000円」

など、時間や調査員の人数により費用が異なります。

 

浮気調査で証拠を得ることができる時間は平均20~30時間と言われているので、大体の費用相場は20万円~30万円程度かかると考えておきましょう。

 

成功報酬型の費用相場

成功報酬型は、浮気調査で証拠を得ることができた場合に費用が発生する調査プランです。

調査が失敗した場合に料金を支払う必要がない、という理想的なプランですが、依頼する際に調査費用として2~3割支払う「着手金」というものを支払う必要があります。

この着手金を利用した悪徳探偵がいるのも現状であり、成功報酬型を選ぶ際は信頼することができる大手の探偵会社を選ぶとよいでしょう。

着手金10~20万円、調査成功20万~40万円と探偵会社によって異なり、大体30万~60万程度の費用相場とされています。

 

パック制の費用相場

20時間で30万円と、あらかじめ時間と料金が決められているパック制は、「定額プラン」とも呼ばれています。時間や調査人数により調査費用が異なり、高価に設定されているものほど1時間あたりの費用がお得になるのが特徴です。

パック制の費用相場は30万円~100万円と、パックの内容により大きく変化します。

 

各プランのメリット・デメリットとは

「時間制」「成功報酬型」「パック制」の3つにも、それぞれメリットやデメリットが存在します。それぞれのプランに向いている調査とはどのようなものなのでしょうか。

 

時間制の場合

時間制調査プランのメリットは、調査時間・調査人数を自由に変更することができるところです。浮気をしたパートナーがあまりにもわかりやすい行動をしており、短時間・少人数で証拠が得られそうな場合にお得な調査プランといえます。

浮気調査の時間制限がないのはメリットではありますが、時間がかかってしまうほど費用がかさんでしまい、想像以上に高額になってしまった…ということがあります。

 

成功報酬型の場合

成功報酬型は、調査が成功しない限り報酬を支払う必要がないところが最大のメリットであり、調査が成功するかどうかが不安な方におすすめです。

しかし、調査が失敗しても着手金と経費は支払わなければなりません。決して安価ではない着手金を悪徳探偵に騙しとられないために、探偵会社としっかり話し合い契約書を書いてもらうことで自衛することが大切です。また、「完全報酬型」という着手金が必要ない調査プランを利用するのもひとつの手となります。

 

パック制の場合

パック制調査プランは、決められた金額以上の費用を請求されることがメリットとなります。時間制や成功報酬型では、交通費などの経費が追加で請求されることがありますが、パック制であれば経費込みとなっているので想像以上に高くなるという心配がありません。

しかし、パックプランは途中でキャンセルすることが難しいため、トラブルが発生してしまうことがあります。

また、30万~100万と相場が高くなっているため、短時間での調査依頼には向いていません。

 

調査費用は相手に請求できる?

探偵の浮気調査は決して安価ではありません。浮気調査でかかった費用を相手に賠償請求するためには、「浮気調査を探偵に依頼する必要があったのか」「調査費用が適切であるか」など、探偵会社に依頼した因果関係を証明させる必要があります。

 

弊社では、「時間制」「成功報酬型」「パック制」すべての調査プランを取り扱っています。すべてのお客様の悩みをしっかり聞かせていただいた上で、調査内容によって料金プランをご提案させていただいております。相談は無料なので、気軽にお問合せください。

福岡で浮気調査を依頼するなら【もみじ探偵社】TOP / もみじ探偵社コラム / 探偵社は見た

結婚して大丈夫?不安を覚えたら【結婚調査】がおすすめ!

結婚調査とは、結婚する前に相手の素性を知るために行われる調査のことをさします。「性格」「経歴」「趣味・嗜好」「家族構成」「友人・異性関係」「健康」など、結婚相手のあらゆることを結婚前に知ることができるので非常におすすめの調査であるといえます。

子どもの結婚を心配したご両親が依頼される場合や、結婚相手がなにか隠していると感じた場合など、目的は人によってさまざまです。

 

結婚調査をおすすめする理由

「幸せの保険」と言われる結婚調査ですが、なぜおすすめとされている調査なのか、理由を見ていきましょう。

 

離婚の現状

離婚件数は1980年時点では約14万件でしたが、近年は2017年時点で約21万件と、婚姻数が減り離婚数が1.5倍になっていという状況になっています。理由としては、現在では離婚・再婚が簡単にできてしまうため、昔のように家族同士できちんと話し合うことや、お互いのことをよく知る前に結婚してしまい、結婚後にトラブルが起きた…などということがあげられます。

結婚する前に、探偵に調査を依頼することで「DVの被害にあった」「浮気性だった」「借金を隠していた」などのトラブルを避けることが可能なのです。

 

ネットでの出会いが増えている

近年では婚活サイトや出会い系サイトなど、ネットで知り合い結婚まで至る夫婦は少なくありません。しかし結婚を意識した相手といえ、ネットだけで素性をすべて見抜くのは非常に難しく、トラブルに巻き込まれる可能性も極めて高いのも現状です。結婚調査では第三者から見た相手を知ることができるので、トラブルを回避できるのはもちろん、ご両親への説得材料としても使うことができます。

 

結婚調査の事例

実際に、結婚調査はどのように依頼されるのでしょうか。こちらでは一部事例をご紹介いたします。

 

息子や娘の結婚が不安

息子や娘から恋人を紹介されたけど、挨拶やマナーができておらず、結婚には賛成できない…。しかし子どもは結婚する気でいるため意見を聞き入れてくれない…。そんな両親の直感は、大半が当たっているといえます。恋に夢中になってしまうとまわりが見えなくなってしまうため、結婚後に本人が失望してしまうことがあり得ます。調査結果の内容が悪ければ子どもを説得させることができますし、良ければ心から祝福することができるため、ご両親からの依頼はとても多いです。

 

婚約者に異性の影が…

結婚を意識していた相手に異性の影を感じた場合に依頼されることはとても多いです。周りの噂を聞いて不安を覚え調査を依頼したところ、「相手が合コン三昧だった」「二股をかけられていた」「ホスト通いをしていた」など驚きの事実が判明する事例は少なくありません。

特に異性関係のトラブルは、今後の生活に大きな影響を及ぼします。相手のことを信じるためにも、結婚する前に調査することをおすすめします。

 

収入や借金などの金銭的な不安を解消したい

離婚する理由として、トップクラスとされるのが金銭面によるトラブルです。

結婚し、子どもが生まれると膨大な費用がかかり、借金問題などがあると、自分だけではなく子どもまで不幸にしてしまう可能性があります。結婚調査では相手の職歴や転職歴、年収や借金の有無なども把握することができるので、将来的な金銭面の不安を解消させるために調査を依頼されることも多いです。

 

もみじ探偵社の結婚調査とは

弊社では全国ネットワークの調査網を展開しているので、遠距離の結婚相手を調査することも、ネットで知り合った婚約者の家族について調べることができます。どんなに難しい調査内容であっても、多くの人から情報提供を呼びかけることでスピードをあげ、成功へと導くことが可能なのです。

離婚は結婚より労力を使うといわれており、結婚後にトラブルが発覚した際の精神的なダメージは大きいです。幸せな結婚生活をおくるためにも、少しでも不安を感じたら一度探偵に相談してみてはいかがでしょうか。