X(旧Twitter)が浮気・不倫の温床に?

浮気調査

X(旧Twitter)が浮気・不倫の温床に?

 
X(旧Twitter)は匿名性が高いうえにアカウントを複数持てるので、コミュニティーごとにアカウントを作成し、仲間と交流することができるのが魅力です。しかし、パートナーに内緒でアカウントを作成し、そちらで浮気・不倫を楽しむ人もいます。常に携帯電話を見ていたり、Xを頻繁に使っていたりして様子がおかしい、と感じたらその直感は正しいかもしれません。しかし、いきなり問い詰めるのはパートナーとの信頼関係を壊してしまう恐れがあります。まずは、自分もXを使って調べてみてはいかかでしょうか。

 

まず最初に

まずは自分のアカウントを作成しましょう。本名で登録する必要はないので、パートナーにわからないようなアカウント名にするのがよいと思います。そして次に、パートナーのアカウントを見つけましょう。使いそうなIDやメールアドレス、電話番号や興味を持っていそうなキーワードから検索することができます。パートナーの友人を見つけ、そのフォロワーから探すこともできます。アイコンにペットや自分が応援しているタレントやグッズ、自分の持ち物を使う人が多いので、それで確証を得られることもあります。

 

X(旧Twitter)の中身をチェック

パートナーのアカウントがわかったらその内容をチェックしてみてください。どんな人からコメントをもらっているか、どんなところに行って、どんな人たちと交流しているか、を調べて怪しいと思うアカウントをさらにチェックしましょう。Xは匿名性が高いため、油断して相手が写っている画像をアップしていたり、逆に相手の持ち物を画像に写しこんだり、お揃いの服を着たりして「匂わせ」をしているケースがあります。そのような内容を見たら念のためスクショをとっておきましょう。

 

アカウント分析ツールを利用

アカウント分析ツールを使えば「X上で誰とよく会話をしているか」や「どんな人物をフォローしているか」がわかります。ツールによってはパートナーとフォロワーたちとの相関図を表示してくれます。ツールを上手く使うことによって、どのコミュニティーにどのような人物がいてどのようななり取りをしているかがわかり、そこからパートナーの浮気・不倫相手に目星をつけることが可能です。

 

「浮気している」と確信してからとるべき行動は?

怒りをぶつけたい気持ちはわかりますが、Xでパートナーの浮気を確信したからといって、すぐに相手を問い詰めるのは悪手でしかありません。とぼけられることもありますし、「自分を疑っているのか?」と逆切れしてくる場合もあります。まずは冷静になり、調査のプロである探偵に任せてはどうでしょうか。張り込みや尾行などを通じてパートナーが相手と肉体関係を持っているという証拠を得ることができれば、浮気をやめさせることができるかもしれないですし、結婚している場合は離婚や慰謝料請求の際に有利に話を進めることができます。

 

浮気・不倫調査は「もみじ探偵社」にご相談ください

今回は広島・福岡を本拠地として全国にネットワークを持つ探偵事務所「もみじ探偵社」がXでの浮気・不倫の見破り方をお話ししてきましが、参考になりましたでしょうか。色々な人と気軽に交流できるのがSNSの良いところではありますが、それが裏目にでてしまい、不倫・浮気のハードルを低くしてしまっていることも事実です。パートナーの浮気によって辛い思いをしているは、お気軽に「もみじ探偵社」にご相談ください。心を乱されない平和な日常を取り戻せるようご依頼者様にしっかり寄り添います。

Contact Us

お問い合わせ

24時間 365日 相談・見積もり無料!
まずはお気軽にご相談ください。

メールでの相談・お問合せ
  • 調査ご相談は24時間365日無料 0120-333-338 フリーダイヤルは携帯電話でも通話可能
  • 女性専用フリーダイヤル 0120-618-623 調査ご相談は24時間365日無料です

もみじ探偵社はお客様の秘密を厳守いたします。

× CLOSE

QRコ|ドを表示

スマートフォンのカメラから
スキャンをしてください。